for Super Naked Bikes

Bug eyes Brothers
スーパーネイキッド系バイク用カスタムパーツの通販サイト
バグブロドットコム
ご利用規約 | 配送方法&送料 | お支払方法
Home > ヘッドライト関連 > バグアイバーチカルLEDヘッドライトキット【I型ショート】&【T型ロング】



バグアイバーチカル

LEDヘッドライトキット

【I型ショート】&【T型ロング】

累計販売数6セット!



レンズ部分の外径がφ90のバグアイLEDヘッドライトをバーチカル(縦目)に配置致しました、
バグブロドットコムオリジナルのLEDヘッドライトキットです。

ヘッドライトを縦に並べる事で、
近未来的なフォルムとなります。

また、
以前まで販売しておりましたバグアイヘッドライトの縦目2灯化のキットに対して、
ステー部分がぶ厚いジュラルミン(A2017)製の総削り出しとなった為、
ヘビーデューティーさとスタイリッシュさを高次元で融合させた、
より所有する満足感の高い高品質かつ美的センス溢れる製品となりました。




↑は、
バグブロドットコムで製作したCBR400RRベースのカスタム車への装着例で、
【I型ショート】タイプはヘッドライトがフロントフォークにかなり寄る為、
トップブリッジの前にキーシリンダーやメーターが無い、
Z900やレブル250等にお勧めです。






LEDを採用している為、
バルブ式のヘッドライトではなく、
2020年式以降のレブル250などノーマルでLEDヘッドライトを採用した車両にも装着可能です。

※消費電力が少ないLEDヘッドライトを採用している車両には、
消費電力が多いバルブ式のヘッドライトは装着出来ません。




元々バルブ式のヘッドライトの省電力化にて、
バルブのみLEDに交換致しますと、
バルブに合わせたレンズカットのヘッドライトに装着したLEDバルブでは、
光の拡散がうまく行われない事が有りますが、
ヘッドライトごと専用のLEDヘッドライトに交換した場合には、
そうした問題も起きず安心です。




【I型ショート】タイプはヘッドライトがフロントフォークにかなり寄るデザインとなります。




バルブ切れの心配の無いLEDヘッドライトですので、
ライトステーはリジットマウントでも心配有りません。




↑は、
明るい場所でのロービーム点灯時の様子です。




↑は、
明るい場所でのハイビーム点灯時の様子です。




↑は、
暗い場所でのロービーム点灯時の様子です。




↑は、
暗い場所でのハイビーム点灯時の様子です。




↑は、
車体全体で見た場合のロービーム点灯時の様子です。




↑は、
車体全体で見た場合のハイビーム点灯時の様子です。




↑は、
ロービームを壁面に照射した時の様子で、
水平より下を広範囲で照らします。




↑は、
ハイビームを壁面に照射した時の様子で、
比較的中央に集中して光を照らします。




↑はキット内容で、
当店ではこれまでバルブ式のヘッドライトは、
バルブ切れ対策にてライトステーはラバーマウント方式を推奨しておりましたが、
ラバーマウント方式のライトステーは、
フォーククランプ部分の取り付けボルトが緩みやすいという欠点が有りました。

しかし、
『バグアイバーチカルLEDヘッドライトキット』はバルブ切れの心配の無いLEDヘッドライトの為、
より高品質なリジットマウントのCNC総削り出しのライトステーでの装着が可能となりました。




ステーに使用するボタンキャップボルトのカラーはブラックのステンレス製で、
工具がハマる部分の深さが浅いJIS規格のネジではなく、
工具がハマる部分の深さが深いSSS規格のネジを採用する事で、
強度が高く、錆、ナメに強いです。




↑はキットに含まれる上下のヘッドライトを連結する、
CNC総削り出しのジュラルミン(A2017)製のステーで、
ワンダーカインド・ライトステーと合わせたデザインの高品質なステーにより、
ホームセンターや2輪用品店などで売られている汎用ステーを使用するのとは違い、
専用品としてのスタイリッシュな仕上がりとなっております

また、
穴と穴の間の部分はマシニングセンタによるポケットミル加工(弁当掘り加工)が施されており、
ステー自体の軽量化と共に、
ビレットパーツ(削り出し部品)が好きな方の所有欲を満たします。




取り付けステーは、
設計した私自身が元々マシニングセンタのオペレーター(職人)だった事から、
プレスで打ち抜いたような安っぽい製品は採用せず、
製造は加工能力が高くセンスも兼ね備えた信頼出来る工場に依頼する事で、
角の面(C面)なども全てマシニングセンタで加工した、
“こだわり”を持った美しいフィニッシュの製品としております。

もちろん、
こうした細かいディティールにまでこだわって製作する事で、
少量生産と相まってステーは非常に高価格となりましたが、
バグブロドットコムのお客様のご期待に応えるべく、
コストよりも“所有する満足感”を優先した製品と致しました。

また、
以前販売しておりました縦目2灯のキットは、
ステー中央部分はキリ穴としていた為、
装着にはM8のナットを使用しており、
装着時にはこのナットに工具をかませる必要が御座いましたが、
新設計のこの総削り出しのステーは、
ステー中央部分にはM8のネジが切ってある為、
ナットは不要で、
工具を使う手間が省けると共に、
ナットが無い事で装着後もスタイリッシュな外観となります。




大幅な肉抜き加工を施している事で、
ステー部分は片側で50グラムしか有りません。




ステンレス製の取り付けボルトと合わせましても、
ステー部分は全部で218グラムと超軽量です。




↑は、
トップブリッジに装着されたキーシリンダーが、
フロントフォークの前側端面より前に飛び出ている車種向けの、
T字型のステーで、
上下のヘッドライト取り付け穴に対して、
横方向に20mmと40mmにオフセットした場所2箇所にネジ穴が有ります。




I型同様、
CNC総削り出しのジュラルミン(A2017)製のステーで、
軽量高剛性なだけでなく、
“見た目”の美しさにもこだわっております。




大幅な肉抜き加工により、
I型に対して重量は18グラム増に抑えております。




↑は、
『バグアイバーチカルLEDヘッドライトキット【T型ロング】』を装着した、
2019年式のカワサキZ400です。




I型に対してよりヘッドライトを前方にオフセットする事が出来る為、
トップブリッジにキーシリンダーが有る車種にお勧めです。




ヘッドライトとキーシリンダーの位置関係が分かる参考画像です。




↑は、
ヘッドライト取り付け穴に対して40mmオフセットした場所にステーを装着し、
上下のヘッドライトを連結するステーとフロントフォークを平行にセットした状態です。




↑は、
ヘッドライト取り付け穴に対して20mmオフセットした場所にステー装着し、
下側のヘッドライトをよりフロントフォークに寄せてセットした状態で、
上下のヘッドライトがフロントフォークと同じ角度で傾斜している状態と、
ヘッドライトをよりフロントフォークに寄せた状態と、
お客様のお好みでセットが可能です。














↑は、
ロービーム点灯時の様子です。




↑は、
ロービームとハイビーム同時点灯時の様子です。














ヘッドライトは汎用性の高いH4タイプのコネクターを採用しております。




レンズ部分にはEマークも有ります。












バルブ切れの心配が無いLEDヘッドライトの為、
ライトステーはラバーマウントではなく、
強固な取り付けが可能なリジットマウントの、
ワンダーカインド・ライトステー【ロング】をセットしております。




フロントフォークのクランプ部分上部には、
『ワンダーカインド』のロゴが刻印されておりクールです。

また、
スイングする部分のボルトの頭には、
付属のキャップをハメる事で、
スタイリッシュな外観となります。





内側に向けたフォーククランプのネジを、
ヘッドライトを装着した状態で締め付ける場合には、
↑の『ピアスボールレンチ(5mm×6mm)』の使用がお勧めです。




ヘッドライトの左右を分割する為にレンズ部分を外す際、
レンズ部分は下側のネジだけで取り付けられており、
上側はケース本体のツメに引っ掛かっているだけですので、
ネジを外した後は、
レンズを回転させても意味はなく、
ただ強くレンズ下側(ネジ側)を手前に強く引っ張って取り外して下さい。

ちなみに、
レンズ部分はかなり強く本体ケースにはまっている為、
最初は躊躇してしまうかもしれませんが、
気にせず強く引っ張るのがコツです。




↑は、
ケース本体上部のレンズ部分の引っ掛かりのツメで、
レンズ全体やレンズ上部を手前に引っ張っても意味は有りませんので、
あくまでも下側のみ手前に強く引っ張って頂きたく宜しくお願い致します。




装着の際、
左右のヘッドライトはボルトで連結されておりますので、
↑の画像のようにレンズ部分を外した後、
左右を分割して取り付けて下さい。




ちなみに、
ボルトとナットは共に六角部分が13mmですので、
左右を分離する際には、
13mmのレンチ2本をご用意して頂きたく宜しくお願い致します。




ボルトは片側のヘッドライト部分を通過するよう加工が施されており、
ケースには両側の左右共にナットが取り付けられておりますので、
分解後も左右共に単にボルトで取り付ける事が出来るという構造です。


ガッツィーニ・LEDウィンカー・リトルジェム
◆アルミボディーで高品質です◆

ガッツィーニ・シーケンシャル(流れる)ウィンカー
◆アルミボディーで高品質です◆


新型Z400&Z250(19- )用バグアイバーチカルLEDヘッドライトキット

専用のメーターステーを含めました、
2019年式以降モデルの新型Z400/Z250用は、
↑のリンク先でご購入して下さい。




◆ヘッドライト部分の特徴
● LEDを採用しています。
● H4コネクターのハーネスが付属しております。
● 片側ロービーム及び片側ハイビームです。
● 取付け用のネジ穴の中心からライトの後端までの距離は約65mmです。
● レンズには硬質ガラスを採用している為、抜群の耐久性を実現しています。
● 外径は約φ108(108mm)で、前後長は約131mmです。
● レンズ部分の外径は約φ90(90mm)です。
● 重量は約1,110グラムです。
● 車検対応品です(注:各車両のセットアップの違いによる光量不足など、確実に車検に通るという保障は出来ませんので予め御了承してください。また、車検に関するクレーム等には一切お応え出来ませんので予め御了承してください)。

【ご購入時の注意】


※交換は技術力のあるバイクショップに依頼して下さい。
※写真はイメージです(モデルチェンジ等で予告なく形状が変わることもあります)。
※こちらの商品は、現在バグブロドットコムの通販のみの販売の為、バイク用品店等でお求めすることは出来ませんので、予め御了承してください。




バグブロドットコムのステッカーもプレゼント!



 「バグアイバーチカルLEDヘッドライトキット」を購入された方には、120mm×15mmの「www.BugBro.com」と「ナックルダスター」のステッカーもプレゼントいたしますので、ストリートファイターのカルチャーを愛すバグブロドットコムのお客様としての属性証明にご利用して頂ければ幸いです。

2020年2月21日より

ストリートファイターを愛すライダーとしての属性証明にどうぞ!




ご利用規約 | 配送方法&送料 | お支払方法

納期について | 買い物かごが表示されない場合



業務販売について

業務販売をご希望の業者様は、
↑のリンク先を通読し、
内容を全てご理解して頂いた後、
記述している内容に従いご注文して頂きたく宜しくお願い致します。

また、
一般のお客様か業者様かの判断が出来ない為、
業務販売の可否や仕切り等については、
お電話でのお問合せでは即答出来ませんので予め御了承してください。

商品をご購入して頂いたショップ様






バグアイバーチカルLEDヘッドライトキット【I型ショート】
※フロントフォークの前側端面より前にキーシリンダーがせり出していない車種にお勧めです※
※LEDヘッドライトを採用している為、2020年式のレブル250等にも装着可能です※
※レブル250のインナーチューブ径は41mmですのでフォーククランプ径は 『41-42mm』を選択して下さい※
※H4コネクターを採用していない車両の場合配線の加工が必要です※
(2020年2月21日販売開始)

※これまでの販売数:4セット(41-42mm)
※これまでの販売数:1セット(45-46mm)

装着のレポート【CBR400RR】(41-42mm)




プルダウンにてウィンカーを同時購入された場合、
ホットメルトチューブ(4個)(800円相当)無料でプレゼント致します。

当店在庫品の納期について



★カード決済、代引(国内在庫品のみ)、銀行振込のご利用が可能です★







バグアイバーチカルLEDヘッドライトキット【T型ロング】
※フロントフォークの前側端面より前にキーシリンダーがせり出している車種にお勧めです※
※H4コネクターを採用していない車両の場合配線の加工が必要です※
(2020年4月10日販売開始)

※これまでの販売数:1セット(41-42mm)

購入された方のレポート【MT-03】(41-42mm)
装着のレポート【Z400】(41-42mm)



プルダウンにてウィンカーを同時購入された場合、
ホットメルトチューブ(4個)(800円相当)無料でプレゼント致します。

当店在庫品の納期について



★カード決済、代引(国内在庫品のみ)、銀行振込のご利用が可能です★




for Super Naked Bikes

Bug eyes Brothers
スーパーネイキッド系バイク用カスタムパーツの通販サイト
バグブロドットコム

Copyright(C)ABM JAPAN All rights reserved ページのトップへ