for Super Naked Bikes

Bug eyes Brothers
スーパーネイキッド系バイク用カスタムパーツの通販サイト
バグブロドットコム
Home > その他のコンテンツ > 私のファイター > マイ・Z・ミドファイター・Z400 > 2020年10月16日

タイヤ交換&ポジション変更



サーキット走行では、
時間にして2時間、
距離にして100km位、
私がM.S.L.HOBBYを走る場合には、
2回走りに行ったらもうグリップ力が落ちてきて、
それ以降はあまり攻めてる感が無くなってくるというのが、
個人的な雑感ですが、
すでに100kmを越えていたにも関わらず、
ちょっと節約して3回も走りに行ってしまい、
前回の3回目の走行では、
やはり攻めてる感が得られなかったので、
フツーにタイヤ交換する事に致しました。

という訳で、
↑は、
前日に届きました、
新品のピレリのディアブロスーパーコルサV3のSC1(ソフト)です。

ちなみに、
大型バイクですと6万円以上しちゃいますが、
Z400ですと4万円位で済むので経済的です。(^^)




そして、
毎度タイヤ交換でお世話になってるショップさんにて、
ちゃちゃっとタイヤ交換して頂きました。

ちなみに、
コテコテのサーキット野郎の中には、
「自分で手組みでタイヤ交換出来て当たり前」
的な根性論を好む方がいらっしゃいますが、
私はリムを大切にしているので、
そうした根性論に背を向け、
金にモノ言わせてタイヤチェンジャーを使う業者さんに、
交換は丸投げする事を好みます(笑)。




でもって、
ちゃちゃっとホイールを組んで終わりです。




その後、
前回の走行でもハンドル位置を下げておりましたが、
更にハンドル位置を下げてみる事に致しました。




まず、
フォーククランプのボルトに工具がアクセスしやすくなるよう、
ボルト2本を外してメーターをぶら〜んとさせておきます。




こうした狭い場所ですと、
ピアスボールレンチというのが便利です。




トップブリッジ下にセパレートハンドルを取り付けたみたいなノリにする為に、
45mmもフォーククランプの位置を下げちゃいました。




トップブリッジの下からハンドルバーが飛び出るノリで、
だいぶカフェレーサー感が出たと思います。




レーサー感がパネェです。

腰は大丈夫だろうか。。。(笑)




ステップ位置がそのままで、
ただハンドル位置を下げますと、
背中の丸まり感が大きくなっちゃうと思ったので、
次には、
ステップ位置をバックさせる事に致しました。




ステップのボルトに工具がアクセス出来るよう、
マスターシリンダーを取り付けている2本のボルトを外し、
マスターをフリーにするとブレーキペダルが下がって、
ステップのボルトに工具がアクセス出来ます。




そのままバックさせた場所には取り付けの穴が無かったので、
高さも1段階高くするノリにて、
12.5mmアップあんど12.5mmバックしました。




左側も同じ位置に致します。




事前にチェンジペダルの位置を確認しておきます。

ちなみに、
ペダルの中心は地面から約372mmでした。




以前、
ステップ位置を色々変えてチェックした際、
ステップ位置を下げた場合には、
チェンジロッドの長さが足りなくなる事を確認しておりましたので、
元々のスナイパー製よりも10mm長い、
130mmという長さのバトルファクトリー製のチェンジロッドも事前に取り寄せておきましたので、
ステップ位置をバックさせるに当たって、
こちらを使いたいと思います。




比較するとこんな感じです。




という訳で、
ちゃちゃっと左側も12.5mmアップあんど12.5mmバックさせました。

あと、
チェンジペダルの中心の位置も、
以前より12.5mm高い、
約384.5mmにして、
一応ブーツを履いてバイクにまたがって確認してみましたが、
まー大体OKという感じでした。(^^)




という訳で、
M.S.L.HOBBYにて前回コース上で出会った速いミニバイクレーサー憧れ調にて、
自分もより低いフォルムで走りたい所存です(笑)。




ハンドル位置マジ低いぜベイベー(笑)。




Copyright(C)ABM JAPAN All rights reserved ページのトップへ