for STREETFIGHTERS
www.BugBro.com
Bug eyes Brothers
日本で1番最初のストリートファイター系カスタムパーツの通販サイト
バグブロドットコム
 
Home > その他のコンテンツ > 私のファイター > マイ・Z・ミドファイター > 2019年10月11日

★モンタナ試着&サーキット仕様化★



10月12日から14日の3連休には、
お客様がいらして一緒に日南海岸辺りを走る予定でしたが、
お客様が乗る予定だったフェリーが台風で欠航になった事から、
その予定は流れてしまった為、
10月16日(水)に鹿児島県のM.S.L.HOBBYに走りに行く事にして、
この日は愛車をサーキット仕様にする事に致しました。。




という訳で、
まずはハンドルを、
バーエンドミラーを“下向きに”装着する用の、
ワイド&ローなABMストリートバー0230バーハンドルから、
サーキット用としてチョイスした、
幅が狭く絞りが大きいABMストリートバイク0239バーハンドルに交換する事に致します。




右側はスロットルハウジングと、
スイッチボックスと、
マスターシリンダーを外します。




左側はスイッチボックス、
クラッチレバーホルダー、
水温計を取り付けているクランプを外します。




ハンドルポストの4本のボルトはインパクトを使ってあっちゅう間に外すので、
ハンドルもあっちゅう間に外れます。




そして、
ストリートバイク0239バーハンドルを装着します。




また、
以前は1番クールという事で推奨している、
ABM製ハンドル用スタッシュキャップバーエンドを装着しておりましたが、
ハンドルの交換が簡単とは言え、
それなりに手間がかかるのと、
サーキットとストリートでポジションが代わるのもちょっとイヤという事で、
ストリート仕様でもハンドルはストリートバイク0239バーハンドルの使用を前提に、
ミラーの取り外しや取り付けだけで、
簡単にサーキット仕様とストリート仕様に行き来出来るみたいなノリにしようと、
バーエンドはラルゴ・バーエンドミラー用バーエンドを装着してみました。




そして、
空気抵抗でミラーが回転しないよう、
φ30→φ22.2バーエンドミラー用変換カラーをかまして、
バーエンドミラー・モンタナ【2.0】を装着してみました。

この取り付け方法であれば、
ミラーの取り付けや取り外しが簡単なので、
サーキット仕様やストリート仕様への変更が簡単です。




全体を見るとこんな感じで、
ワイド&ローなハンドルに、
“下向きに”バーエンドミラーを装着するノリがデフォルトという価値観で生きて来た事から、
↑の「万歳三唱」みたいなルックスは、
正直違和感バリバリです(笑)。

但し、
下向きのミラーにどうしても慣れなかったというお客様も多い為、
私自身がそうしたお客様の気持ちも理解したいという事で、
この状態でどんな感じになるのかチェックしたいという気持ちも有りました。




「万歳三唱」スタイルに違和感が有ったので、
ミラーを1番寝かせてみましたが、
「ハンドルの上に何も無い感」は大きくなったものの、
やはり違和感が有る感じです。




なので、
「ハンドルの上に何も無い感」を出す為に、
ミラーを下向きにして、
タンク等への干渉を避けるべく、
ミラーを一番外側に振ってみました。

そして、
これでどんな感じで後方が見えるかテストしたかったので、
このまま走ってみたのですが、
ミラーのほとんどの部分に腕が写ってしまい、
後ろは全然見えず、
文字通りUターンしてすぐに店に戻り、
再び上向きにして、
再度テスト走行に出掛けました。




結局、
一番後ろがよく見える場所にセットして、
近所の人工ビーチまでやってきました。

ちなみに、
トライアンフのスピードトリプルとかストリートトリプルとかの新しいやつは、
バーエンドミラーを上向きに装着しているので、
まーそうした種類のバイクチックなルックスです。

しかし、
視線の移動量は少ないので、
下向きのミラーと比較して、
安全度は当然こちらの方が高い印象です。




以前、
Z400が納車された直後にも、
ノーマルハンドルにバーエンドミラー・モンタナ【2.0】を装着した事がありましたが、
ノーマルのカクカクしたヘッドライトのままですと、
丸型のミラーはあまり似合わないと言ったイキフン(雰囲気)でしたが、
現在はヘッドライトが丸型になっているので、
そうした意味では違和感は減りました。






これまでは撮影の際に三脚も持参していたのですが、
リュックサックから三脚が飛び出ちゃってる状態で運んでいたのと、
そのリュックサック自体と三脚でかなり重くなっちゃう事から、
この日はデジイチをディパッグに入れて持ってきて、
手持ちで撮影したのですが、
割とレーキーに撮れました。
















それから、
移設した水温計は、
非常に見やすくなって、
水温の確認がしやすくなりました。

ちなみに、
ノーマルメーターの棒グラフタイプの水温計ですと、
あまり水温に意識が向く事は無い感じなので、
ストリートピヨピヨライダーの方は、
水温などほとんど無視して走ってそうですが、
デジタルでの数値での表示ですと、
ちょっとトロトロ走っただけで水温は80℃をオーバーしてくるので、
こうした水温計を設置した方が、
エンジンに対して優しい気持ちになると思います(笑)。




削り出しのステーを使用したバーエンドミラーは、
振動でミラーがブレるという事がほぼ無いのは、
下向きでも上向きでも変わらない利点です。






シーズンオフ&平日という事で、
この場所には人っ子1人居ませんでした。






撮影している駐車場もガラガラです。




という訳で、
上向きのミラーのテスト走行でしたが、
上向きのミラーは後方はよく見えるものの、
どうもルックスに違和感があるので、
上向きでも割とクールになる方法を現在検討中ですが、
全く別のミラーで試してみたい感じで、
そのミラーが入手できた暁には、
その内にご披露したいと思います。




という訳で、
テスト走行が終わったので、
ちゃちゃっとサーキット仕様にしたいと思います。




前述のように、
ボルトを2本緩めるだけで、
ミラーを外すのは簡単です。




GPSラップタイマーは、
以前は遠慮気味に真ん中よりちょっとオフセットして取り付けてましたが、
今回は堂々とど真ん中に取り付けてみました(笑)。




それから、
フェンダーレスキットを外して、
エキパイはノーマルのままで、
サイレンサーだけレーサー用のやつに交換致しました。

ちなみに、
エキパイはお値段も安かったので勢いで買っちゃってましたが、
M.S.L.HOBBYではパワーは現状ではそれ程必要なく、
むしろ排圧かけて低中速が扱いやすい方が良さそうという事で、
音だけ大きければ気分は良くなるのと(笑)、
O2センサーの取り外しや取り付けとか、
エキパイを交換するのはメンドーという事で、
いささか軟弱な調子は否めないものの、
エキパイはノーマルのままで走る事に致しました。

しかし、
これでハンドルも交換しなくて良く、
ミラーとフェンダーレスキットだけをちゃちゃっと外し、
サイレンサーだけ交換するだけで、
簡単にストリート仕様からサーキット仕様へ仕様変更出来るので、
超絶楽チンノリです。(^^)




それから、
前回のM.S.L.HOBBYでの走行で、
キャブ車のように簡単に調整出来ない事から、
アイドル回転数はノーマルのままで走って、
最終コーナー手前のS字部分をパーシャルで走る羽目になった事から、
手首が疲れちゃったので、
アイドル回転数を上げようと思ったのですが、
スロットルワイヤーの遊び調整程度では、
アイドル回転数を上げられる程ワイヤーを引っ張れず、
↑の黄色い丸の部分に、
ワイヤーのタイコを移動してワイヤーを無理やり引っ張ろうかと思いましたが、
ハウジングが取り付け出来ず、
早い話が失敗致しました(笑)。




でもって、
スロットルボディー側の遊び調整でなんとかしようと、
サイドカバーを外してみましたが、
Z400はスロットルボディー側に遊び調整は無い仕様で、
こちらの思惑も頓挫致しました。




一応アイドル回転数を調整出来るストッパーも有るのですが、
これをイジっちゃうと、
元に戻すのに手間がかかりそうなので、
あまりイジりたくありません。




なので、
ストッパーのネジ山にナットを締め付けて、
ストッパーを“かさ上げ”する事で、
アイドル回転数は3500〜4000rpmまで上がりました。

超絶に安直なノリですが、
ナットを外すだけでストリート仕様に戻るのがイイ感じです(笑)。




という訳で、
ちゃちゃっとサーキット仕様になりました。

では、
10月16日(水)と、
平日なのでなかなか一緒に走れるという方は少なそうですが、
M.S.L.HOBBYはサーキットライセンスがいらないどころか、
誓約書すら必要無いという、
関東のサーキットでは考えられない程、
超絶に敷居が低いサーキットですので、
ご興味のある方は、
是非、
一緒に走るか、
あるいはまずは下見と言った調子でギャラリーとしていらして頂ければ幸いです。(^^)v


M.S.L.HOBBYのホームページ


ストリートバイク0239バーハンドル
(クリックするとABMのサイトが別ウィンドウにて立ち上がります)

バーエンドミラー・モンタナ【2.0】

ラルゴ・バーエンドミラー用バーエンド(左右セット)
★外径φ22.2(22.2mm)★
◆ABM製の内径φ12orφ18のハンドルに対応しています◆
◆R nineT スクランブラーのノーマルハンドル等にもお勧めです◆

φ30→φ22.2バーエンドミラー用変換カラー(左右セット)
◆高速走行時のミラーの回転を防ぎます◆


2019年10月16日 M.S.L.HOBBYで26回目の走行


Copyright(C)ABM JAPAN All rights reserved ページのトップへ