for STREETFIGHTERS
www.BugBro.com
Bug eyes Brothers
日本で1番最初のストリートファイター系カスタムパーツの通販サイト
バグブロドットコム
 
Home > その他のコンテンツ > 私のファイター > マイ・Z・ミドファイター > 2019年9月25日

★M.S.L.HOBBYで25回目の走行パート2★



誰もおらずサーキットを独占している事から、
オーナー様の許可を頂き、
午後からはストレート部分でウィリーの撮影をする事に致しましたが、
まだマイ・Z・ミドファイターでウィリーをした事がなく、
逆にジャックナイフは経験済みで、
個人的にもウィリーよりもジャックナイフの方が得意意識が有ったので、
まずはジャックナイフの撮影をかましました。




リアが落ちた後のショットです。




前のより高さは低いですが、
被写体が寄ってて背景がボケてるのがイイ感じの画像です。




次には、
生まれて初めてマイ・Z・ミドファイターでウィリーをかましてみました。

大排気量車のように、
パワーにモノを言わせてスルットルワークだけでフロントが浮くと楽なのですが、
そこまでパワーが無いので個人的に中型以下のバイクでのウィリーは苦手です。




ガチピン及び背景もボケてて超イイ感じの画像で、
個人的にかなりサティスファイです(笑)。




更に寄ってて超イイ写真ですが、
右奥にサーキットはカンケー無い飯を食ってるオッサンが写ってて笑えます(笑)。

ちなみに、
このオッサン2人組は、
ここがサーキットという事も知らず、
単にお昼ご飯用のお茶を買いにサーキットに入ってきたようで、
自動販売機にお金を入れたのにお茶が出てこないと、
最初に私にクレームを入れてきて、
方言が激しく私は何の事か当初全然意味が分かりませんでした(爆)。

でもって、
結局お茶は単にひっかかっていただけで、
オーナーの方が取り出した後、
画像に写ってる場所でお昼ご飯を食べ始めたという感じです(笑)。




連写で撮った続きの画像で、
頭とリアタイヤが切れちゃってるのが残念ですが、
かなり寄ってるので迫力はある画像です。










その後、
カートはサーキットのコンテナに預けていて、
自家用車で体だけ持ってきたという、
女性を含めた3人組の方がいらっしゃいました。

ちなみに、
こちらの方達も我々と同じく宮崎からいらしたそうです。




バイクで走る私と違って、
カートはコーナーリングスピードが異常に速く、
動きもトリッキーな事から撮影は非常に難しいのですが、
練習も兼ねて、
ヘルパーのA.Iさんにカートの走りも撮影して頂きました。

でも、
それなりにちゃんと撮れてて大したものです。




カートは逆周りで、
新しく出来たストレートを走るとなると、
最終コーナーは高速コーナーチックになり、
コーナーリングスピードは相当に速いイキフン(雰囲気)でした。




カートの方達3人が交代で走り終えた後、
1時40分位にこの日3本目の走行を開始する事に致しました。




ジャックナイフとウィリーの画像が撮れて、
もうかなり満足しちゃってるので、
3本目は軽く流して走る位の気分でコースイン致しました(笑)。




午前中は目の高さにファインダーがくる姿勢で撮影して頂きましたが、
ジャックナイフとウィリーの撮影の際、
低い位置から撮影して頂いた事で味をしめたのか(笑)、
ヘルパーのA.Iさんは午後からは割と低い角度から撮影をされていたようで、
背景が抜けている感じなのと、
バイクがより寝ている感じなのが嬉しいです。(^^)




通常はもっとインから立ち上がっていく感じで、
ここでゼブラに乗った事は1回位しか無かったと思うので、
珍しいショットです。

ちなみに、
ゼブラに乗った後コースに戻る際、
バイクが少し倒れている事から、
少しハンドルが振られたので、
こういう場合に備えて本当であればステアリングダンパーを取り付けたいのですが、
Z400はシュラウドが邪魔をしてステアリングダンパーが取り付けられないので、
このまま頑張るしか有りません(笑)。






クラッシュプロテクターと地面までの距離はほとんど無いイキフン(雰囲気)です。
















裏ストレート終わりの左ヘアピンへのアプローチです。




























インフィールドの右ヘアピンへのアプローチです。

ちなみに、
この場所で撮影する事は特に指示していなかったにも関わらず、
ヘルパーのA.Iさんは自らの判断で機転を利かせてくれる感じで、
本当に有り難いです。(^^)






このように、
倒し込んだ瞬間に地面にヒザが当たると、
思い切ってバンキングしてるのが自分でも分かる感じです。


























最終コーナー手前のS時区間へのアプローチです。








この部分を重いハイスロでパーシャルを使って走っておりますと、
かなり握力を消耗しちゃう感じです。






























疲れちゃって休んでる所です。






前ボケ、後ボケ、カメラ目線(笑)と、
3拍子揃ってていい写真だと思います(笑)。

それにしても素晴らしく被写体にピントが合ってます。




ピースサインです(そのまんまw)。






走りながら休んで体力が回復したらまた全開走行に移ろうかと思いましたが、
体力は回復しそうになかったので、
結局走行を終了致しました。










↑はタイヤの状態で、
午前中と特に変化は有りません。

でもって午後の3本目のベストは17周目に出した40秒632で、
午前中に出したベストタイムは更新せず、
実際それ程気合いは入れずに走ってました。




という訳で、
久々のサーキット走行でしたが、
マイ・Z・ミドファイター(Z400)のインプレとしては、
マイ・ベイビー・ブレード(CBR400RR)と同じ位ストレートスピードは速く、
それでいて、
マイ・ベイビー・ブレードよりも倒し込みや切り返しは軽く、
マイ・Z・モノファイター(Z250SL)は荒れた路面でのサスの収束性が悪かったですが、
その点もマイ・Z・ミドファイターの方が安心出来る感じで、
私の読み通り、
Z400はCBR400RRとZ250SLの中間的な性能で、
ここM.S.L.HOBBYで走るに当たって丁度良いバイクだと思いました。

ちなみに、
この日出したベストタイムは、
マイ・ベイビー・ブレードで出したベストタイムよりも1秒半程遅いタイムでしたが、
タイヤで1秒は損してる印象で、
残りのコンマ5秒位は、
ブレーキングでの私のビビリミッターだと感じました(笑)。




という訳で、
3時前位に帰り支度を済ませ、
サーキットをあとに致しました。




帰りはSAでソフトクリームを食べました。(^^)

画像は無くてスミマセン。




お店に戻ってきますと、
サイレンサーが有る事から、
左側より多く張り出して装着しておりました、
右側のステップ下のクラッシュプロテクターが地面に当たった跡が有りました。

なので、
次回走行までに少し引っ込めようと思います。


★本日のベストタイム★
39秒960
(それまでのベストタイム 38秒41 2013年3月11日【CBR400RR】)

走行前の距離:1,453km
走行後の距離:1,492km
走行距離:39km


★今回の走行で良かった事(個人的な備忘録)★

・GPSラップタイマーは慣れると便利
・新車はエンジン始動に気を使わず楽
・ストレートはマイ・ベイビー・ブレード(CBR400RR)レベルで速い
・Z250SLよりかはロードホールディング(路面追従性)が良い
・フルエキにより下のトルク感が薄くなったのはむしろ走りやすかった


★今回の走行で悪かった事(個人的な備忘録)★

・ディアブロスーパーコルサの方がタイヤは食う
・リアのイニシャルが強い
・シート高が高い
・暖気しないで走るとエンジンに異変が起きる


★次回までにやるべき事★

・アイドルを上げられるようにする
・リアの車高を下げる
・リアのイニシャルを抜く


★この日良かった事(個人的な備忘録)★

・新しいヘルパーのA.Iさんは優秀だった


2019年9月30日 YSS製リアショックのセッティング


Copyright(C)ABM JAPAN All rights reserved ページのトップへ