for STREETFIGHTERS
www.BugBro.com
Bug eyes Brothers
日本で1番最初のストリートファイター系カスタムパーツの通販サイト
バグブロドットコム
 
Home > その他のコンテンツ > 私のファイター > マイ・Z・ミドファイター > 2019年8月9日

★インナーリアフェンダー取り外し★



強烈にしょっぱいネタで恐縮ですが、
備忘録という事で大目に見て頂くとして、
本来ならバイクを買ったその日にでも外しちゃう感じだったものの、
ヒールガードが無いとチェーンを踏んじゃいそうという事で、
仕方なく(笑)取り付けていたインナーリアフェンダーですが、
これが有ってもチェーンを踏んじゃったという事で、
これまた仕方なく(笑)ヒールガードを取り付け、
それで特に問題が無かった事から、
古い時代のサーキット野郎あるあるにて、
インナーリアフェンダーの、
“前の方の部分”はレーサーライクな造形美が有るので嫌いでは無いのですが、
いかにもストリートと言った調子のチェーンカバーを個人的に心底忌み嫌っていた事から、
この日はチェーンカバーも兼ねているインナーリアフェンダーを取っ払ってみました。




鉄製の角パイプのスイングアームが見えちゃうのがプチアンクール(ダサい)なものの、
YSS製のリアショックの赤いスプリングがより見えるようになったので、
それが個人的に良かったです。(^^)




プラスチックなので軽いだろうと思っていても、
実際に重さを量ると272グラムもあり、
更に言えばバネ下部分の軽量化にもなるので、
インナーリアフェンダーを取っ払った事で、
サーキット野郎の悲しい佐川急便にて、
軽くなるなら何でもかんでも取っ払いたいという人間の自己肯定に役立ちました(笑)。






それから、
先日使ってみたシュアラスターのゼロフィニッシュですが、
その後ちょっと走ってみた所、
300℃まで耐えられるという事で、
エンジン部分に使用しても、
↑の画像のように特にムラになったり跡が残ったりはしませんでした。




それから、
マット塗装部分にも使ってみましたが、
時間を置くとムラになってしまう為、
しっかり全体に塗った後、
すぐに柔らかい布で拭き取るのがコツなようでした。




あと、
汚い状態を撮影するのを失念していて恐縮ですが、
マイ・Z・ミドファイターが出来上がり走行を開始した所、
元々のラジエーター内のクーラントと、
リザーブタンクに入れたクーラントの相性が悪いのか、
スケルトン・ラジエーター・リザーブタンクがだいぶ汚れて、
タンクの中に白いつぶつぶみたいな物も浮遊していたので、
タンク内のクーラントは捨てて、
タンクを清掃した後、
新しいクーラントを入れてみました。




という訳で、
現在やっと581キロ走ったので、
あと419キロの慣らし運転を早く終わらせたい今日この頃です。(^^)


2019年8月10日 ETCのテスト他


Copyright(C)ABM JAPAN All rights reserved ページのトップへ